FAQ

サービスの仕組み・仕様

決算書の数字を並べ替えるだけで、儲けの構造や儲けた利益がどこに消えたか、また財務体質などを分かりすく図表にした、新時代のクラウド型経営サポートツールです。
現状の把握だけでなく未来をシミュレートし、企業戦略の策定や分析に活用できるビジネス向けクラウドサービスです。
下記の様な特徴があります。

●我が社の「今」が「ひと目」でわかる!
●「経常利益を倍増させたい」などのシミュレーションができる!
●複数企業の未来デザイン決算書を一元管理!
●PDF出力で、印刷しての共有も簡単に!
●スマホでも、タブレットでも。いつでもどこでも手軽に!

詳しくは、下記のページに記載があります。
http://cloud.future-ama.com/function
各図表(チャート)の特徴については、操作マニュアルの該当ページ及び下記の説明を参照ください。

未来デザインPL

・「どこに手を打てば利益を出せるか?」を考えるためのチャートが用意されています。
・企業の儲けの構造(ビジネスモデル)が、図表化されて一目瞭然になります。
・企業の収益力は「経営安全率」に集約されます。この比率で社長を格付けし、社長の使命を明らかにします。
・固定費は、「経営の4資源(ヒト・モノ・カネ・情報)」に分解し、経営上の打つ手を考えることができます。特に、「労働分配率」と「労働生産性」に注目です。
・「実効税率」と「簡易キャッシュフロー」を確認し、内部留保の最大化を目指します。

未来デザインCF

・「どこに手を打てば利益をお金として残せるか?」を考えるためのチャートが用意されています。
・上場会社なら作成が義務付けられているキャッシュフロー計算書を、極限まで要約し、メリハリをつけて中小企業こそ活用できるようになっています。
・「当期利益」と「フリーキャッシュフロー」が真横に配置されている点にも注目です。
・営業・投資・財務キャッシュフローのプラス・マイナスの組み合わせから、企業のライフサイクルのポジションを、「8パターン」に分類し明らかにしています。
・キャッシュフローの8パターンを、WaterFall(滝)グラフとして、ビジュアル化しています。
・借入金返済計画表より、借入金の返済構造を明らかにし、企業の出すべき利益を把握します。

未来デザインBS

・「どこに手を打てばお金を増やせるか?」を考えるためのチャートが用意されています。
・現金預金を4つの資金グループに色分けし、資金の調達源泉と運用形態が明らかになり、企業の財務体質が浮き彫りになります。
・企業が本当に自由に使えるお金「安定資金」を把握することができます。
・キャッシュフロー計算書では見えない、短期・長期、サイトの勝ち負けによる資金そのものが浮き彫りになります。

未来デザインPLシミュレーション

・売上高を「売上単価×売上数量(初期値1,000)」に自動的に分解します。売上単価や数量を自由に入力してシミュレーションが可能です。
・変動費も「変動費単価×売上数量(初期値1,000)」に自動的に分解します。仕入単価や数量を自由に入力してシミュレーションが可能です。
・固定費は、経営の4資源(ヒト=人件費、モノ=経費、カネ=金利、情報=未来費用)に分解し、絶対額を自由に入力してシミュレーションが可能です。

Dashboard(過去会計から未来会計へ)

・未来デザイン決算書の中で注目すべき各図表(チャート)をピックアップしています。
・未来デザインPLからは、主要数値と「経営安全率」、社長の格付け評価に注目です。
・未来デザインCFからは、WaterFallグラフと「フリーキャッシュフロー」に注目です。
・未来デザインBSからは、資金グラフと「安定資金」に注目です。

未来デザイン決算書サマリー(過去会計から未来会計へ)

・過去会計(制度会計)であるBS(貸借対照表)とPL(損益計算書)を極限まで要約しています。
・BSでは、剰余金の増減=黒字か赤字かを確認します。PLでは、その原因・理由たる収益・費用、その差額である利益を5つにグルーピングして確認します。
・極限まで要約された制度会計のキャッシュフロー計算書は、そのまま未来デザインCFとして活用します。
・このシートは、左から右へ時間の流れを確認してください。また、BS=ストック、PL=フロー、CF=フローを意識するとよいでしょう。
・PL⇒未来デザインPLへ、CF⇒未来デザインCFへ、BS⇒未来デザインBSへ作り変えていきます。まずは、全体像を概観してください。
作成した未来デザイン決算書は、登録企業様と共有することができます。
登録企業様に以下の情報をお伝えして、スマホやタブレットなどを使った経営会議にぜひご活用ください。
・企業様ログイン用URL(https://fama-mcs.com/member/ )
・企業様ログインID
・企業様パスワード
詳細は、 をご参照ください。
複数人が同時に同じ企業情報に入り、追加、修正、閲覧することが可能です。たとえば、ユーザー様の会社内や会計事務所内で職員同士の情報共有を行うなど、同一のログインID・パスワードを共通して使用することが可能です。
ただし、後から保存したユーザーの情報で上書きされますので、その点は注意して運用ください。
サービスの拡充のために、随時アップデート対応を実施しており、その時間帯はご利用いただくことができません。
ただし、システムメンテナンス等で利用できない時間があれば、随時お知らせする予定です。予めご了承ください。

利用環境

未来デザイン決算書クラウドは、ソフトのインストールがいらず、ブラウザのみで経営分析資料の確認が可能なソフトウェアです。 未来デザイン決算書クラウドの推奨ブラウザは下記のとおりです。
・Google Chrome 最新版
未来デザイン決算書クラウドは、ソフトのインストールがいらず、ブラウザのみで決算書データ入力や経営分析資料の確認が可能なソフトウェアです。
未来デザイン決算書クラウドは、PCやタブレットはもちろん、スマートフォンでも閲覧・操作が可能です。

セキュリティ

皆様の大事な情報をお守りするため、お預かりするメールアドレスや決算書データは全て暗号化して保存しています。
さらに、暗号化されたデータを保存するサーバーへのアクセスについては制限を設け、厳重な管理、運用を行っています。

料金プラン

「未来デザイン決算書クラウド料金プラン」 をご覧ください。
自社(1社)のみで使用される方向けのプラン(Aプラン)をはじめ、コンサルティングとして複数企業の入力・管理が必要な方向けのプラン(Bプラン~)があります。 http://cloud.future-ama.com/plan
無料期間中(登録月)の機能制限はなく、すべての機能を存分にお使いいただけます。
登録月の翌月末までに「本申込書」によるお申し込み手続きを済ませて頂くことで、本契約での利用開始となります。
無料期間終了後に許可なく費用が発生することはございませんのでご安心ください。
なお、登録月の翌月末までに「本申込書」によるお申し込み手続きをされない場合、登録したデータはすべて削除されますのでご注意ください。
コンサルティングとして複数企業の入力・管理が必要な方向けの料金プラン(Bプラン~)をご用意しています。
詳しくは「未来デザイン決算書クラウド料金プラン」 をご確認ください。
http://cloud.future-ama.com/plan
登録する企業が複数になる場合、複数企業の入力・管理が必要な方向けのプラン(Bプラン~)をご用意しています。
詳しくは「未来デザイン決算書クラウド料金プラン」 をご確認ください。
http://cloud.future-ama.com/plan
ユーザー様の会社内や会計事務所内で職員同士の情報共有を行うなど、同一のログインID・パスワードを共通して使用することが可能です。
したがって、担当者ごとに料金が発生することはありません。
ただし、複数企業の入力・管理が必要な場合、登録したい企業数によってお申し込み頂く料金プランが異なります。
詳しくは「未来デザイン決算書クラウド料金プラン」 をご確認ください。
http://cloud.future-ama.com/plan
お支払方法は「口座振替」になります。
「口座振替」は、登録までに1~2か月ほどお時間をいただくため、その間は請求書を郵送させていただきます。記載された期日までに指定口座番号へお振込みをお願い致します。なお、振込手数料はお客様にてご負担をお願い致します。
毎月12日(休日の場合は翌営業日)です。
なお、お申し込み当初の1~2か月間は、請求書による銀行振込になります。

ユーザー登録・変更・退会

まず、「お申し込みページ」http://cloud.future-ama.com/newより必要事項を入力の上、無料申込みをして下さい。
こちらでユーザー様用「ログインID」を発行し、登録メールアドレスへお送り致します。その際に「申込書」を一緒にお送り致しますので、登録月の翌月末までに、必要事項をご記入の上、EメールもしくはFAXにてご返送ください。
本契約への切り替えの確認を、1週間前までにはご連絡させていただきますが、「本申込書」の返送なく登録月の翌月末が到来した際には、本申込がなかったものとして、ご登録のデータはすべて削除させていただきますのでご了承ください。
「本申込書」受領後、口座振替用紙および請求書を郵送させていただきますのでご確認ください。
「お申し込みページ」http://cloud.future-ama.com/newに「申込書」を添付しております。
そちらの『変更』欄にチェックをしていただき、変更されるお申込みプラン、お申込者欄をご記入の上、EメールもしくはFAXにてお送りください。
お申込みの翌月より変更プランが適用となります。
ログインIDを忘れた場合は、「お問い合わせページ」http://cloud.future-ama.com/inquiryより、その旨をお問い合わせください。登録されたメールアドレスへ「ログインID」をお送り致します。
パスワードについては、セキュリティ上、管理者側でも知りえないシステムになっていますので、ログイン画面の「パスワードを忘れた方はこちら」から、新パスワードの再発行の手続きを行っていただくことになります。
「お申し込みページ」http://cloud.future-ama.com/newに「申込書」を添付しております。
そちらの『解約』欄にチェックをしていただき、お申込者欄をご記入の上、EメールもしくはFAXにてお送りください。
なお、退会後、登録したデータはすべて削除されますのでご注意ください。

企業登録

現在、決算月の変更には対応しておりません。再度、変更後の決算月で、企業登録及び決算書データの登録を行う必要があります。

決算書データ入力

操作マニュアルをご覧ください。
また、試算表入力の代行を行う「入力代行サービス」を準備中です。サービス開始までしばらくお待ちください。
借入金の返済構造を明らかにするために、銀行別の借入残高、元金返済の月額と年額、支払利息の年額を把握しておくことは重要です。
未来デザイン決算書クラウドの「借入金返済計画表」は、要約された数字を入力する必要があるため、参考までに元資料となるエクセル版の「借入金返済計画表」を添付しておきますので、ご活用ください。
借入金返済計画表はこちら
まずは、ご使用のブラウザをご確認ください。Google Chrome 以外でご使用の場合、いくつかのエラーが確認されているため、Google Chrome最新版でのご使用を推奨しています。
Google Chomeでのエラーである場合、「どのボタンを押した際にどのようなエラーが発生したか」など、再現可能な情報をいただけると早期の解決につながります。「お問い合わせページ(http://cloud.future-ama.com/inquiry)」にて、エラーの状況をメールにてお知らせください。
また、画面のスクリーンショットなどがあると、原因の解明に役立つことがあります。この場合は、info@future-ama.comまで、画像データとともに、エラーの状況をメールにてお知らせください。
現在、「会計ソフトからのデータ連携(取り込み)機能」を開発中です。サービス開始までしばらくお待ちください。

図表(チャート)の活用

各図表(チャート)をPDFに変換する機能がありますので、PDF形式のデータをブラウザの印刷機能を使って印刷することが可能です。
各図表(チャート)は、現在のところPDF形式でのみ出力が可能です。

未来会計マスター講座

全国で開催されている「未来会計マスター講座」の受講をおすすめします。また、講座に通うには日程や距離の関係で難しいという方に向けて、「通信講座DVD」も用意してありますので、ご自宅などで学習することも可能です。 http://www.future-ama.com/

サポート窓口・お問い合わせ

「未来デザイン決算書クラウド」の操作については、下記のフォームからお問い合わせください。 http://cloud.future-ama.com/inquiry
未来デザイン決算書に精通した税理士や経営コンサルタントをご紹介させて頂く、「未来会計マスター紹介サービス」を準備中です。サービス開始まで、しばらくお待ちください。